契約農家の野菜をふんだんに使った本格イタリアンレストラン

「コルティヴァーレ」とはイタリア語で”耕す”の意味。

野菜は地元農園の野菜を使用しているため農業にちなんだ言葉を掲げ、また、登戸の食文化を”耕す”という願いも込めています。

メニューには前菜、パスタ料理にピッツア、メインディッシュに自慢の一品のほか、店内の黒板にはメニューには載っていない、旬の食材を使用したその日のオススメ料理もございます。

  • コンセプト
  • メニュー
  • アクセス